JBIFについて

日本国内の生物多様性に関するデータの収集・活用と、世界への発信を担っています。

JBIFの活動

日本生物多様性情報イニシアチブ(Japan Initiative for Biodiversity Information, JBIF)は、地球規模生物多様性情報機構(GBIF)に関する日本での活動を実施している組織です。 日本国内の生物多様性に関するデータの活用を促進するとともに、世界に発信することがJBIFの役目です。

JBIFは、2007年からは、文部科学省(2015年度から2020年度までは日本医療研究開発機構)による「ナショナルバイオリソースプロジェクト」における「情報センター整備プログラム」の一課題として構築運用が行われています。 具体的には、国立遺伝学研究所、国立環境研究所および国立科学博物館の3機関が協力して課題を実施しています。

JBIFの活動について、詳しくは「活動」をご覧ください。 また、「JBIF関連団体」で国内の関連団体およびデータ提供館を掲載しています。

日本は、発足当時からGBIFに正式参加しており、JBIFはGBIF公式の日本拠点「GBIF日本ノード(Japan Node for GBIF)」としてGBIF関係の国内活動を実施してきました。しかし、2021年6月に日本のGBIFへの参加形態が非公式な参加者であるオブザーバに変更されたことに伴い、JBIFも公式な拠点ではなくなりました。そのため、名称を「日本生物多様性情報イニシアチブ」と変更して活動を継続させています。

JBIFの戦略

  1. 科学および社会で必要とされているデータを提供する
    ユースケース収集、データ利用者・提供者への教育普及

  2. インフラストラクチャーを充実させる
    標本情報収集・公開の実施体制強化、情報システムの安定運用

  3. データの質的向上を図る
    データバリデーション方法の確立、補助ツールの整備、能力育成

  4. データギャップを埋める
    蓄積・公開データの把握、データ提供の呼びかけ・サポート

  5. 関連活動との交流を促進する
    博物館・研究機関・行政・市民との交流・連携、アジアでのリーダーシップ


JBIFパンフレット

JBIFの活動はもちろん、生物多様性情報の必要性やGBIFについても紹介しています。

パンフレットのバックナンバーは ライブラリーでご覧いただけます。


GBIFアジア地域会合

第5回会合報告


GBIF日本ノード運営委員会

※2021年6月に「GBIF日本ノード」は「日本生物多様性情報イニシアチブ」に名称変更されましたが、年度途中での変更のため、2021年度まで委員会名は変更せず運用いたします。

運営委員名簿

運営委員会議事概要


JBIFロゴマークについて

JBIFのロゴマークをご使用になりたい場合は、 こちらをご覧ください。